2016年10月4日火曜日

グァムに初めて行ってわかったこと


2016年9月30日(金)から10月3日(月)まで3泊4日のグァム旅行に行ってきました。
初海外だったのですが、何事も経験とはよく言ったもので「行ってみないとわからないこと」がたくさんありました。

持っていってよかったもの

・衣類圧縮袋
100円ショップで売っている掃除機を必要としないタイプの圧縮袋です。
帰りの荷物はお土産などでかさばりがちなので圧縮袋があると服やタオルなどの布製品をぎゅぎゅっとコンパクトにできて便利でした。

・ボディタオル
アメニティが置いてあるようなホテルでもボディタオルは置いてないのが普通です。
帰りはそのまま捨ててきてもいいような安いものを持っていくといいです。



・角ハンガー
洗濯バサミがいっぱいついたあれです。
100円ショップで小さいものが売っています。
水着などはこれに吊るして干しておくと濡れたまま帰国する必要がなくてよいです。
これも現地に置いて帰ると帰りの荷物が減らせていいですね。

・ウェットティッシュ
日本のようにおしぼりが出てくることはまずないので、ウェットティッシュを持っていると安心できます。
食事前のお手拭きにも、食事中こぼしてしまったときにも…けっこう役に立ちました。

・スリッパ
お部屋は当然ながら靴を履いたまま過ごすことになります。
日本人としてこれはちょっと慣れないですよね。
スリッパや脱ぎ履きしやすいサンダルなどあるとリラックスできます。

・ビーチシューズ
グァムの海はでっかいサンゴだったりゴツゴツした岩だったりが水中にたくさんあります。
素足や普通のビーチサンダルでは足を切ってしまいそうです。

・ソニー銀行のデビットカード(Sony Bank Wallet) 詳しくはこちら
これはものすごく個人的に持っていってよかったものなんですが。
VISAをつけておいたので買い物は全てこのカードで行いました。
あらかじめ外貨預金口座を開設しておけば、日本円しか銀行口座に入っていなくてもそのまま「円からアシスト」機能で日本円を消費してお買い物をすることができます。
しかも何円(何ドル)使ったかが即時メールで通達され、その様子は専用アプリで履歴を見ることもリアルタイムの円相場を見ることも可能ですので不正使用の心配がありません。
デビットカードということでクレジットとは違い即時決済なので、「使いすぎて来月か再来月の請求が怖いわー」ということもなければ、「グァムで買い物しているときは1ドル101円だったのに請求月は1ドル103円になってて損した~!」なんてこともありません。
ちなみにこのカードを使って海外ATMで外貨預金を引き出すことも可能です。

いらなかったもの

・エコバッグ
たくさん買い物をしたときに袋がないと困る…という記事をどこかで見かけたのですが、どこでお買い物しても必ずビニールの袋や手提げ袋に入れてくれました。

・栓抜き
これもわりとあちらこちらのサイトで見かけたのですが1度も使うことはありませんでした。
そもそも瓶に入った飲料とか売ってるの見かけなかったですし…

・服
女子限定なんですが、グアムに着いたら初日にABC Storeでワンピ買っちゃいましょう。
それを旅行中愛用する。持っていく荷物が減り、帰りもワンピース1枚増える程度ならどうということもないし何よりいい思い出になるとおもいます。

・シャンプーやボディソープ
これもABC Storeで現地調達してみてはどうでしょうか。
日本製のいつも使ってるのじゃないと肌が荒れちゃう!というようなトラブルがない方なら現地で調達してみることをおすすめします。
南国気分が味わえるフルーツやココナッツの香りが気分を高めてくれますよ。
いっしょに行く家族や友人と共有すれば値段も安く済むし、残りはそのまま自分へのお土産にどうぞ。

持っていけばよかったと後悔したもの

・折りたたみ傘
グアムには雨季と乾季があるのですが雨季にいくなら必須です。
土砂降りの雨の中、コンビニまで傘を買いに行くのは辛かったです。
可愛くもない折り畳み傘をずぶ濡れになって1000円出して買いに行く。
使わないかもしれなくても持っていったほうがいいです。

あると便利

・レンタルWi-Fi
日本にいる間に契約して持ち込むタイプ。
空港でも借りられます。
ホテルでも1日5$くらいで貸してくれるところもありますが、日本で借りて持っていったほうが断然安く済みます。

・JCBカード
デビットカードでもなんでもいいのでJCBマークがついているカードを持っていくとあちこちで無料Wi-Fiを使うことができます。
ショッピングモールやホテルロビーなどでも使えてお得です。

・AppleWatch
空港の入国審査待ちのときなど携帯電話の操作をしてはいけないことになってます。
私が行ったときはたまたまゆるくてみんなスマホいじって待ち時間を過ごしていたんですが、2ヶ月前に知人がグアムへ行ったときはみな注意を受けていたようです。
AppleWatchがあれば時間はもちろんのこと、メッセージやアプリのチャットなども手元で確認できて便利です。

食事事情


さすがアメリカ!というか、なんでも量が多いです。
日本のファミレスにあるドリンクバーのグラスとか小さすぎて笑、ってなります。
コンビニで売ってるペットボトルのドリンクも日本では500ミリが基本ですが、もしかしてアメリカは600ミリが基本なの?という感じでした。なんかちょっと大きい。

夜中におなかが空いても海外で買う日本製のカップラーメンは高いから、入国審査で引っかかるのは怖いけど強引に持っていく…なんて人も中にはいるようですが、私がグアムに行ったときはKマートでカップヌードルが50セントくらいで売ってました。
安すぎて「え?なんで?日本で買うより安いんだけど…」と不安になるレベル。

信号のルールがよくわからない


手でストップの形をしている赤いサインのときは渡ってはいけない。
人が歩いている形の白いサインに切り替わったら渡っていい。
でもこの白い信号、瞬間的に消えちゃってすぐに赤い手の形に変わりその横にカウントダウンとおぼしき数字が…!
しかも心なしか1秒より早く数字が減っているような。なにこれ、ちょーあせるんですけど。

そして押しボタンを押すまで歩行者信号は赤のままのような気がした。

グァムにて道路を横断したいと思ったら必ず渡りたい方向の矢印の書いてある押しボタンを押し、手の形でカウントダウンがされているときに渡る。ということであってる?

ちなみに歩行者はこれでいいとしても、道路にある車用の信号機は3つくらいあって意味がよくわかりませんでした。
まずどの信号を見るのか謎。
信号赤だけど普通に走ってる車がいて謎。
グァムでレンタカー借りようと思ってる人は事前の勉強大事ですよきっと…。

その他




・マウナロア
グァムの至る所で見かけるマカダミアナッツのお菓子。
マカダミアナッツといえばチョコレートを浮かべるけれど、オニオンガーリックがとにかくうますぎた。
マウナロアはいろんな味が出ていて中でも一番クセになるのがこの味。
次回はぜひワサビテリヤキ味にもチャレンジしたい。



・WESTIN HOTELS & RESORTS
今回嬉しい誤算で高級ホテルに泊まることができました。
バスタオル、アメニティ、ドライヤー、ティッシュ、緑茶、金庫、Wi-Fi、歯ブラシ、アイロンまで。
とにかくなんでもそろっていました。

ただ私の泊まった部屋だけかも知れませんがトイレがやや難あり。
流れたはずのペーパーがリバースされていたことが数回。
流れきったのを確認しているので流れなかったのではなく「帰ってきた」ようです。
どうして…


ホテルのプールからそのままビーチに出ることができるので、着替えを持っていく必要もなければ貴重品を見張る必要もなくお気楽でした。


海外旅行なんて全然興味なかったのですが行ってみると「また行きたい!」と思わずにはいられない場所だということもわかりました。
でも飛行機は嫌い 笑。

この記事がこれからグァムに行く誰かのお役に立てますように。

0 件のコメント :

コメントを投稿

新しい記事 以前の記事

こんな記事も書きました