2016年7月10日日曜日

Windowsバックアップができなくなっただけかと思ったらHDD交換することになった話



みなさんのパソコン、バックアップとってますか?
とらなくてもいいのかもしれないけど私はなんとなくとってました。
外付けHDDもだいぶ手に入りやすい時代ですので、外付け3TBのうち1TBくらいバックアップに使ってもそれで安心できるならいいかなーって。

ところが3TBあるにもかかわらずバックアップで2TB使うようになり、領域が足りないよ!っていうエラーが出るようになりました。

古いバックアップなんていらないから最新のだけ保存するように設定しなおして、過去のものを削除→領域を空けることにしました。

これで済む話だったらよかったのに…

0x81000037


再びバックアップをしようとすると今度は違うエラーコードが出るようになりました。

0x81000037

これはどういう意味なのかと調べると、どうやらウィルスとかマルウェア系が絡んだエラーらしく、バックアップをとろうとしているものの中によくないものが混じってるよ!ってことらしいんです。




マイクロソフトセキュリティエッセンシャル(Microsoft Security Essentials)
主にこれに関係するようなので久しぶりにフルスキャンをかけてみることにしました。

いくつか検出され検疫された形跡があったので、もう大丈夫だろうと再度バックアップを実行してみるものの同じエラーコードを返されました。



あ!もしかして検疫しただけじゃだめで全部削除しないとなのかな?とすべて削除。
これにより無事にこのエラーコードから解放されることとなりました。

0x8078012D



ところが今度はまた別のエラーが。
次から次へとやれやれ。
内容をあらためてみると「なんかおまえのデバイスおかしくね?ちょっとチェックしてみ!」的なことが書かれてました。

え!外付けのHDDはまだ新しいのに?!
うわ。まさか内蔵HDDがヤバいの??

ただバックアップがとりたかっただけなのに、こんなことになるとは想定外でした。

まずは外付けからチェック!
これがイカれてる分には安くて早く済むからこちらに異常があって欲しいと願うものの叶わず。
外付けは問題なしでした。

…はぁ。内蔵のほうか(´・ω・`)

気が重いけれどやらないわけにはいかないのでこちらもエラーチェックを実行。



52KB in bad sectors.

うへぇ。不良セクタが検出されてしまいました。
この状況はもしかして…



残念なことにHDDが召される日が近いかもしれないということです。
嫌すぎる。



これを機にHDDからSSDに変えようかとも思ったんですが、ひとまずSSDよりお安いHDD 1TBを買ってきました。

ということで、次回に続きます。


0 件のコメント :

コメントを投稿

新しい記事 以前の記事

こんな記事も書きました