2016年3月14日月曜日

クエスト破棄は何のため?


なんか少ない。

これは緊急クエスト「世界を壊す流転の徒花」の終了時のSS。
深遠なる闇との戦いがいつもより長引くなぁと思ったら。

途中で3人くらいいなくなったようです。
こういうのってなんで起きるんでしょう。
キライな人がいたとか?フレに呼ばれたとか?周りの装備に失望したとか?
うーん。理由はいろいろあるのだろうけど、けっこう不思議です。

しかも最近わりと増えたような気がします。


これは「来襲せし虚なる深遠の躯」後のSS。
やっぱり時間かかるなぁと思ったら…。

よく聞くのはWBがいないから。という理由ですが、先日「採掘基地防衛戦:終焉」にて自分含め誰も裏表どちらにもレンジャーを設定している人がいなく、もちろんWBは無しでした。

それでも。抜ける人は誰もいなくS評価でクエストクリアとなりました。


でも、最近よくそういうのに遭遇するってことは、自分が原因かもしれないってこともありうるわけで…。
もしそうだったらイヤだなぁ。

だけど中には私の所属するチームの名前がイヤだという人もいるかもしれないですね。

あんまり理不尽な理由で破棄することがなくなればいいなー。
それが許せないなら野良やめて固定でやりなさいと言われるとこれまたツライけど。
理由に察しが付く破棄は仕方ないかなーと思う反面、そんなことに繋がる現在の仕様が残念でもあります。

クエスト中動かない人がいる→なぜそれでその人のクエストが達成できてしまうのか。
サブクラスのレベルが低すぎる人がいる→サブクラスもXHのクエストくらい下限設定があったほうがいいんじゃないか。

などなど。
どうにかできたらいいのにね。


さて、本日のホワイトデーキャンペーンのキーワードは「キャンペーン」です。
キーワードを言うのも今日で最後!
最終日はトライブースト+100%が2個です。
ゲーム内チャットでの発言、忘れないでね。


4 件のコメント :

  1. 3人抜け位までだと回線落ちという可能性もあります。
    え、3人同時に?と思うかもしれませんが、可能性として考えられるのは
    本垢×1+複垢×2の同一回線、つまり育成目的の寄生プレーヤーですね。
    もう一つは海外接続の似たような人でしょうか
    海外からの接続は禁止されているのですが事実上存在します。
    また、回線の安定が本国+jp両方の状況に左右されるので落ち易い様です。

    返信削除
    返信
    1. 二日連続で「3人いない」「4人いない」なんてことがあったので、もっと別の理由があるのかなーと思ったのですが、回線落ちも十分考えられることですね。
      たまたま同じプロバイダでメンテ落ちしたとか。
      とはいえ、そんな偶然は不自然に近いので、おっしゃるとおり本アカ+副アカの方や海外接続の方が回線落ちしたということはありそうですね。

      コメントありがとうございます。

      削除
  2. 私も同じことを最近思っています。
    マガツでWBがないと一瞬でみんな抜けてしまうことに憤りを感じます。
    マガツの本線も気づいたら7人、6人なんてざらです。
    マガツ以外にも野良緊急でのユーザーの破棄癖がすごく目立ちます。
    このゲームは真面目な人が損をするシステムだなあと思います。

    ユーザー一人一人のモラルを見直すシステムの改善をこれから運営にはしてほしいですね。
    (例:4回クリアできます→4回受注できます にするとか。)

    返信削除
    返信
    1. WBがないから破棄が出るというのは古くからある問題の1つだと思います。
      それを放置している状態というのが嘆かわしいことですよね。
      武器固定でWBが撃てるライフルを出すとか、アイテムを使うことで一定時間or一定回数クラス関係なくライフルでWBを撃てるようになるとか。
      それによってさらなる問題は出るけれど、現在の問題を放置するよりかは幾分かまともな気がするんですけどね。
      おっしゃる通り「4回クリアできます」から「4回受注できます」にするだけでも抑止効果はあると思います。
      そんなことをして「じゃあ寄生がいてもやれっていうのか」とならないように予めクエスト中一定のダメージを与えないといけないとか、なんらかの予防策は必要になると思いますが、これまた有効な手段だと思います。
      ユーザーの声を聞き取り入れるのが得意な運営さんなので、きっとすでにこういうことに関しても何か考えてはいると思うのですが…。
      一刻も早い問題解決がされると良いですよね。

      もぐさん、コメントありがとうございます!

      削除

新しい記事 以前の記事

こんな記事も書きました